柴田行政書士事務所

■ 業務紹介
在留資格申請・更新は行政書士に!
申請取次行政書士に依頼して、窓口に出頭する手間を省きましょう!
わが国の入管法では、原則として、自ら地方入国管理局に出頭して、申請書類を提出しなければなりません。

しかし、申請取次業務を行える行政書士に依頼すれば、自ら出頭する必要はなくなります。
 
在留資格の種類、許可の基準など親切にご説明いたします。
書類の作成及び申請を専門家に任せて本業に専念しましょう。
 
  
 
□申請取次の対象

 ・在留資格認定証明書の交付
 ・資格外活動の許可
 ・在留資格の変更
 ・在留期間の更新
 ・在留資格の取得
 ・在留資格の取得による永住許可
 ・在留資格の変更による永住許可
 ・再入国の許可
 ・就労資格証明書の交付
 
 
□許可の種類と費用
 
 申請しようとする在留資格により異なりますので、許可の条件・費用についてはお気軽にご相談ください。

 
 【報酬額例(税込)】
 
  ・在留資格認定証明書交付申請 \105,000
  ・在留期間更新許可申請      \ 84,000
  ・永住許可申請           \147,000
  ・帰化申請              \147,000
 
  *依頼される場合の相談料は報酬に含まれます。
   法定費用は含まれておりません。
   交通費等は実費をいただいております。

 
 
トップ/ 事務所案内/ 業務紹介/ お問合せ/ ニュース/ リンク/
Copy right 2009(C) ITI .co.,ltd all rights reserved.